胡蝶蘭のお手入れ方法ですが、他の花と比べても簡単なほうで

病院に入院している知人の見舞いとして、 気もちを癒すため、お花を贈るのはいいんですが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。

胡蝶蘭を入院してる人に贈る場合は、鉢植えでなく、ブーケなどにアレンジして、株が植わった状態で贈るのは絶対に止めておきましょう。そこさえ気を付ければ、香りや花粉があまりない胡蝶蘭であれば、病室を飾る花としては最上のお見舞い花です。

胡蝶蘭のお手入れ方法ですが、他の花と比べても簡単なほうです。
水やりは頻繁にやらなくても良いし、花が散ってからの植え替え方法も簡単です。

ただ、寒さには弱いので、冬場にベランダに出したり、庭に置いたりしては駄目なんです。後それから、直射日光もダメなので、暖かくて落ち着くところが良いですね。

フラワーギフトは素敵ですが、贈られる側のシチュエーションに沿った花言葉のものを選ぶことで、雰囲気で決めたフラワーギフトよりも想いが伝わりますね。
たとえば、開店祝いや挙式などで胡蝶蘭をよく見かけますが、胡蝶蘭共通の花言葉、「純粋な愛」「幸せを運んでくる」のほかにも、色別にそれぞれの花言葉をもっています。

例として胡蝶蘭を出しましたが、花ギフトを贈られる側のシーンに適した花言葉を添えることで、より心のこもった素敵な贈り物になるはずです。

色んなシーンで胡蝶蘭を贈りますが、開業など人生の門出だけでなく、葬儀や通夜などにもみることがあります。
美しく優美な胡蝶蘭には、哀しみに染まった人の心を癒すとされてて、お供えやお悔やみのシーンでもよく見られる光景だそうです。

日本にまで胡蝶蘭が広がることになった歴史の始まりは、お金もちや貴族の間で18世紀のヨーロッパで起きた欄ブームが始まりで、神秘的で美しい優美なビジュアルが、もっと綺麗な欄を探す事になり、現代胡蝶蘭を発見する事につながりました。お祝いに贈る花として胡蝶蘭が人気なのは所以があります。

ひとつ言えば、蝶が舞い降りたような美しさ、また、ニオイが少なく長期間咲きつづける日もちの良さも挙げられます。普通に贈られる花ギフトであれば、直ぐにしおれてしまい日もちしませんし、こういった理由からも、一ヶ月以上も長もちする胡蝶蘭が喜ばれるわけです。おめでたいシーンや門出に贈る花は、胡蝶蘭をチョイスする方が圧倒的に多いのです。育て方も知っておいたほうが良い胡蝶蘭ですが、ある程度の暖かさが必要なのは、知っておかなければいけません。
胡蝶蘭が育った故郷は熱帯地域なのですが、木漏れ日の当る日陰に育った花なので、実は、直接陽の光が当たるのも良くないんです。15度~20度前後が適切な温度で、置くとことは通気性も考えてあげましょう。水をあげるのは環境によって1週間~10日に一回程度で、胡蝶蘭の鉢の表面が乾いてきたら与えるようにするくらいです。

チョイスする胡蝶蘭の価格は、 贈るシーンや、相手方との人間関係によって違ってきます。恋人や夫婦のギフトであれば3千円程度のミディ胡蝶蘭で十分だし、仕事関係であれば大倫の3本たて胡蝶蘭以上を選ぶのがマナーです。
どちらの場合も、胡蝶蘭が安価なのは、生花店より通販なので、商品によっては50%OFFになったりします。

これは中間コストを削減しているショップが多いためで、生産農家から消費者へ直接発送してくれるからです。お祝いシーンのフラワーギフトの定番は胡蝶蘭ですが、個人的にお祝いするなら一万円~三万円程度が相場です。インターネットが身近になった近年、通販の専門店を利用する人の割合も増加し、胡蝶蘭を扱う通販サイトもサービスが向上しています。東南アジアで19世紀に発見された胡蝶蘭は、明治に日本にもち込まれたという記録があります。

咲いた様がまるで蝶のように綺麗なことから、名付けられた名称が胡蝶蘭ですが、その上品さは贈り物には最適だといえるでしょう。
ギフトフラワーの通販を利用する時、選ぶ基準としては生産者である栽培園から直接発送する、産直の通販ショップをチョイスするのが正解です。どうして産地直送がお勧めかというと、生産者から卸市場といった流通ルートを短縮できるので、手基に届くまでの時間が短縮され、お花が新鮮な事と、流通ルートが少なくなることでコストが削減され、値段が安くなることが挙げられます。ネットで胡蝶蘭を頼む時も同じで、生産農家から直接送ってもらう方式がお勧めです。スマホ端末の進化に伴い、ギフトフラワーの通販も、最近ではスマホから簡単に注文できます。細やかなサービスも充実しているので、札へのメッセージ、ラッピングの種類などまで個別に無料で行ってくれます。
配達についてもそうで、全国スピード配送やケースによっては当日にお届けするなんて事も出来ちゃいます。花を贈るのも随分と便利になりましたね。
胡蝶蘭を送る際は、ラッピングも大切ですねたとえば、赤いラッピングはゴージャス印書言うを与え、落ち着いたうす紫のラッピングはお盆や法事にも利用できます。評価が良い胡蝶蘭の通販ショップでは、ほとんどが、花に合わせたラッピングカラーを選べるサービスが無料です。胡蝶蘭を送る時の立札なども、価格にふくまれている通販ショップが増えています。
胡蝶蘭にもいくつか種類があるものですが、 分け方として、花のサイズ別によるものが挙げられます。
開店祝いなどでよく見られるのが、最も豪華で大きい花を咲かせる大倫胡蝶蘭です。そして、気軽な贈り物や恋人同士のプレゼントなど、お手頃価格で買える小さいサイズのミディ胡蝶蘭があります。どれをチョイスるかですが用途によって変わってきます。
こちらもどうぞ⇒愛犬の高脂血症に最適なフード選び|無視できない合併症対策